ロゴ

施工管理に採用されたいなら自己改革をしておくべき

HOME>レポート>施工管理に採用される秘訣〈資格と能力が鍵〉

施工管理に採用される秘訣〈資格と能力が鍵〉

工事現場

現場の仕事に必要なこと

建設業界では、施工管理スタッフを採用していることが多く、経験豊富な人は大手企業でも採用されることがあります。建築施工管理の採用では、一般の企業での一般職と違い、建築に関する専門的な知識や技術的な経験の有無が採用に大きく影響することになります。建築業界で施工管理をするのであれば、1級建築施工管理技士や一級建築士などの資格を持っていると非常に評価が高くなります。企業の規模にもよりますが、大手ゼネコンの場合、勤務先が全国のいろいろな場所となることが多いことも施工管理の仕事の特徴となっています。工事現場では、足場が不安定であり、建設機械なども動き回っていて危険な場面も多いので、危機管理能力も必要となってくるでしょう。

作業員

調整能力なども重視される

建築施工管理の仕事は、現場監督として、工程管理や品質管理、技術的な検討などを行うことになるので、建築に関しての知識や納まりについての知識なども重視されることになります。多くの職人や業者と係ることになるので、施工管理業務ではコミュニケーション能力もとても重要となるでしょう。大規模な工事現場の場合には、最新の技術などを取り入れて工事を行うことも多いので、技術的な知識や経験なども活かされることになります。これから施工管理として採用を目指しているという人は、まずはできるだけ建築に関して基礎的な知識をしっかりと身に付けておくことが重要と言えるでしょう。さらにコミュニケーション能力や調整能力なども磨いておくと採用試験の時に評価が高くなるでしょう。